卜藝開運館、台北占いおすすめ 、 台湾前世占い 、台北占い、 行天宮占い 。
唐朝で学んだ日本の法師﹝空海﹞

1200年前唐時代の天宝の年日本の佛教でとても有名な日本の法師である空海香川出身が山中で佛法の修行をしていました。少年時代から修行を開始した空海は三十歳で出家し、三十一歳で第十九位遣唐使の一員となりました。中国の長安で唐朝文化をしっかり学び、恵果和尚によって密教の伝授を受け、数年後多くの唐朝佛教の文化遺産や法器、経典を日本に持ち帰り日本で真言宗の開祖となりました。
 
十年余り後、空海法師は日本各地に教えを広げ、寺を建立しました。特に故郷である四国には承和元年834に仁明天皇の許可を得て唐朝の法事を行なう為の壇作のある道場と同じような道場を建設しました。其の他に空海法師は平民学校を創立し、社会で崇高的な地位を得ました。八十六歳で生涯を終え、天皇より「弘法大師」の諡号が贈られました。

日本の空海館には空海法師が唐朝より持ち帰った唐卡蔵伝佛教芸術のひとつ)、佛像、曼陀羅図、法器などの重要な佛教の文化遺産が展示されています。どれも数千年以上の歴史がある貴重なコレクションです。空海法師は中国の玄奘法師の同様に佛教に大きな役割を果たしました。