卜藝開運館、台北占いおすすめ 、 台湾前世占い 、台北占い、 行天宮占い 。
モテる秘訣(3)


どのようにして月下老人に良縁をお願いすればいいのでしょうか!多くの未婚の男女や次の新しい恋を求めている人たちは、以前月下老人に紅い糸で結ばれている人を与えてくださいとお願いした経験があることでしょう。しかし、ほとんどの人は月下老人にどのようにして良縁やモテ期、人間関係についてのお願いをしたらよいのかを知らないのではないでしょうか?先ず可能ならば、朝10時前にお参りに行きます。(早ければ早いほど良いでしょう)。

そして月下老人の前で、自分の氏名、生年月日、住所と願い事を伝えます。    例えば、未婚者や再婚希望の方が良縁を希望します。もし、希望が叶った場合は、再び台湾を訪れてお礼をします。

頂いた紅い糸は月下老人に良縁を結んで頂く大事な物ですので、常に手巻いているのが最良です。(男性は右手、女性は左手)お財布の中に入れてのはあまりお勧めではありません。月下老人にお願いをする時には、あまりに細かい注文を付けないこと以外に、良縁やモテ期を願う時間はできれば午前中に遅くても午後1時前にしましょう。そうしないと、良くない縁や危険な恋愛を招いてしまいます。

紅い糸を頂いたら、自分では結ばずに日本に帰ってから、仲の良い友達、親戚、同僚、結婚してから5年以内の人、婚約中の人、妊娠中の人、子供が生まれたばかりの人に3回結んで貰います。自然に切れるまで絶対に外さないでください。自然に切れた場合はそのまま捨てます。3回結ぶとは3回巻くことではありません。、紐の端と端と絡ませる、「一重結び」を3回繰り返します》。